オールマイティな「チノパン」

「チノパン」と聞くと、ちょっとおじさんっぽいイメージが浮かびますよね。しかし、チノパンはどんなジャンルのファッションにも合わせることができる、オールマイティなパンツなのです。いつもジーンズばかり履いているという方、1本持ってみませんか?
ここでは、チノパン初心者のために詳しくご紹介したいと思います。

チノパンとは何?

よく「チノパン」といいますが、実は「チノ・パンツ」の略称なのです。チノクロスと呼ばれている綿の生地で作られたパンツのことをいいます。
1890年代、インド駐留の英国軍が白いパンツを目立たなくするため土色(現在のカーキ)に染めた軍隊用パンツが始まりといわれています。現在ではジーンズ生地以外の綿を中心とした素材のパンツをすべて「チノパン」と呼ぶことがほとんどになりました。

どんな服にも合うオールマイティなパンツ

チノパンはどちらかというと大人っぽい印象がありますが、シャツやTシャツなどどんな服にも合わせることができるパンツです。ジーンズに偏ってしまいがちの方は1本持っておくことで幅広いファッションに挑戦できます。
例えば、会社でクールビズなどの際にビジネスカジュアルの着こなしに使うこともでき、プライベートでは飲み会やデートの時でも使うことができます。そのほか、ドレスコードがあるような少し気を使う必要のあるシーンでも落ち着いた印象を作ることができます。
そしてチノパンは季節関係なく年中活躍するパンツで、いろんな意味でもオールマイティなパンツなのです。

どんなチノパンを選んだら良い?

チノパンにはたくさんの種類があり、悩んでしまう方も多いと思います。チノパンを手に入れるとき、いくつかの選ぶポイントがあります。

1つ目のポイントは「色」です。チノパンはカラーバリエーションが豊富です。初めて挑戦するという方は、ベージュやライトグレーなどの明るい色とネイビーやブラックなどの暗い色を1本ずつ持っておくと良いでしょう。

2つ目のポイントは「サイズ感」です。太めのものから細めのサイズがあり、男らしい雰囲気を作りたい場合は太めのものを、きれいな雰囲気を作りたい場合は細めのものを選ぶと良いでしょう。そのほか丈感も重要です。ダボッと長めよりピッタリか短めの方が上手に着こなすことができます。

最後のポイントは「デザイン」です。チノパンはタックが入っているものが多く存在します。タックが入っているとフォーマルなイメージ、入っていないとカジュアルなイメージになります。時々、コアなファッションであえてタックが入っているものを選ぶこともありますが、上級者向けですのでまずはタックが入っていないものをおすすめします。

まとめ

たくさんの種類があり、どんなシーンでも使えて1年中履くことができる、そんなオールマイティなチノパンは必ず持っておきたいですね。

-知っておきたい情報コラム

関連記事

古着を着こなすとき持っておきたい「スタジャン」

アディダススニーカーといえばスタンスミス

古着の着こなし!!これだけは意識しよう

買取までのおおまかな流れ

買取までのおおまかな流れ ブランド古着買取方法は大きくわけて3つあります。 1、店頭買取 売りたい品、本人確認書類を持って、お近くの買取店へ持ち込みします。 買取対象店舗はWEB等で簡単に検索できます …

パジャマ買取事情!買取可能なの?

ブランド古着買取おすすめ業者リスト