ストリート系!STUSSY(ステューシー)古着の買取事情

STUSSY(ステューシー)といえばストリートシーンで定番ブランドといっても過言ではありません。ラッパーやスケーターファッションにおいて不動のポジションを確立しており、長い間愛されているブランドです。
今回はSTUSSY(ステューシー)の中古市場について紹介していきます。

STUSSY(ステューシー)ってどんなブランド?

STUSSY(ステューシー)は1980年にデザイナーのショーン・ステューシーが自身のオリジナルサーフボードのプロモーションとしてTシャツやショートパンツを販売したことがきっかけで誕生しました。当時から現代のアイテム同様グラフィティ風ロゴをプリントしていました。
はじめは仲間のためにデザインしていましたが、DJやミュージシャンからも好まれ、マーケットが広がっていきました。今では世界中で愛されるストリートブランドです。

魅力は?

STUSSY(ステューシー)といえば世界中のストリートやミュージックなどサブカルチャーを掛け合わせた個性的なデザインが魅力的で、当時のカルチャーシーンをモノクロフォトをあしらったオールドフォトというデザインなども存在します。
2011年からSTUSSY WOMENというブランドが展開されています。モードとストリートの壁を越え現代的な解釈と現実性のある服をリミックスした展開しています。

いくらで売れる?

長い間愛されてきたステューシーのアイテムは中古市場ではどのくらいで取引されているのでしょうか。
・ボトムス 定価の2~3割
・トップス 定価の1~3割
・アウター 定価の2~4割
となっています。
あくまで買い取り相場なので、流行や売却時期によっても変動してしまいます。アイテムの買取相場が知りたい場合は買取業者に無料査定を依頼してみましょう。

STUSSY(ステューシー)高く売るコツ!

ファッションには着用シーズンがあり需要の高い時期、低い時期があります。
売り時は

春物(ブルゾン)・・・2~3月頃
夏物(半袖、タンクトップ)・・・5~6月頃
秋物(ブルゾン)・・・7~8月頃
冬物(厚手ブルゾン、ニット)・・・10~11月頃

が季節ものを市場に出す上でちょうどよい時期と言われています。
この時期に合ったアイテムを買取に出す場合は、高値で買い取ってもらえる可能性が高くなるので、時期を意識して買取に出しましょう。
他には、出来るだけ使用感がないようにすることも大切です。汚れやほつれがないか、匂いが臭くないか、虫食いが無いかなどをしっかりとチェックしましょう。

まとめ

STUSSY(ステューシー)を出来るだけ高い価格で買い取ってもらうには、時期に合った時に買い取りに出すようにしましょう。そしてなるべく綺麗な状態を保つことも大切になってきます。

-知っておきたい情報コラム

関連記事

ポロシャツの高価買取を狙うには

帽子の買取を考えている方向け!買取事情

アメカジを詳しく学ぼう!②

古着を着こなすとき持っておきたい「スタジャン」

高額査定のために

高額査定のために お店ごとの特徴を知る 買取依頼をする前に、その業者が得意としているジャンルが何であるかを調べましょう。 ブランド品でもなんのジャンルに強いお店なのか、買取ボーナスなどを行っているのか …

ブランド古着買取おすすめ業者リスト