洋服を手放すタイミング・正しい洋服の選び方とは

みなさんのクローゼットの中身はきちんと片付いていますか?クローゼットを片付けても、またすぐに散らかってしまうという方も多いのではないでしょうか。確かに収納方法も大事ですが、買い方が原因かもしれません。
今回は洋服を手放すタイミングと、洋服をどのような基準で選ぶのか紹介します。

手放すための4カ条

1. 高かったから捨てられないは厳禁
かつて価格が高い洋服を買っていたとしても、今は全く着ない洋服だった場合は手放した方がいいでしょう。確かに価格が高いと手放すのはもったいなく、着なくても手元に置いておきたいと思いますよね。しかし、それを繰り返していくとどんどん洋服が溜まってしまいます。

2. たら・ればを辞める
「痩せたら」「また流行がくれば」などといった考えをもって洋服を取っておいても、なかなかその洋服を着る機会は低いでしょう。

3. マシに見えるなら残す
年齢を重ねると着られなくなる洋服は多くなっていきますが、洋服を着比べてみて、少しでも細く見える、顔色がよく見えるなどいい面でプラスされるなら、その洋服は残してもいいでしょう。

4. 1シーズンに着なかった洋服は捨てる
衣替えがありますが、1シーズンに1回も着なかった洋服は手放した方がいいかと思います。今年着なかった洋服は来年も着ることはないでしょう。

正しい買い方の4カ条

1. 靴に一番愛情とお金をかける
靴は身に着ける時間が長いからこそ、お金をかけましょう。履き心地がよく上質なものをえらぶといいですね。

2. 「試着したら必ず買わないといけない」その精神を捨てる
気になった洋服を見つけると、試着する人が多いかと思います。いざ試着しても思った通りの服じゃないと思うことがありますよね。しかし試着したから買わないといけないと思ってしまう人が多いのが現状です。
気に食わなくても買わずに帰る、という勇気を持ちましょう。

3. 1つ捨ててでも欲しいものを選ぶ
今現在持っている服よりもいいと思える服を買うといいでしょう。買い足すのではなく、今持っている服を買い替えると考えれば、洋服の数を制限することができますね。

4. 何回着るか、今持っている洋服との相性を考えて
洋服を買う前に、今シーズンに何回着るか考えてからにしましょう。価格が高くても着る回数が多ければ、当然安いのにも関わらず2回程しか着ない洋服と比べると、得ですよね。
また、今持っている洋服との相性を考えてみるのも一つの手ですね。

まとめ

洋服を手放すタイミングと正しい洋服の選び方を知っているだけでも、かなり変わってくるかと思います。ただ洋服を増やすだけではなく、必要だと思えるものだけを手元に置くといいですね。

-知っておきたい情報コラム

関連記事

オールマイティな「チノパン」

使い道はたくさんある!すぐに捨てるのはもったいない!

アウトドアブランドパタゴニアの買取っていくら?

古着を売却するには何が需要?

買取までのおおまかな流れ

買取までのおおまかな流れ ブランド古着買取方法は大きくわけて3つあります。 1、店頭買取 売りたい品、本人確認書類を持って、お近くの買取店へ持ち込みします。 買取対象店舗はWEB等で簡単に検索できます …

ブランド古着買取おすすめ業者リスト